不定期日記
by piece-case
プロフィールを見る
画像一覧
男の子牧場について
たまにはまじめに、ニュースに対してエントリ。

ホントはあまりこういう記事は書きたくない…。学が無いのがバレるから。
ただ、今回の騒動に対するトラックバック先の内容に違和感を覚えて、反論してしまった。
上記と同様の理由で、滅多に他者のエントリに反論なんてしないんだけど、反論してしまったからには、自分なりの考えも示しておかないとフェアじゃないかな?と思い、とりあえずまとめてみる。

まず、例の「男の子牧場」。アリかナシかで言えば、自分的には完全にナシ。
ただ、まとめて書き始めていないので、まとめていくうちに「アレッ、アリなんじゃない?」ってなる可能性が無いとは言い切れない。

内容を改めて確認してみる。
今回のサービスで、一番あり得ないと思ったのはやはり「個人情報」の取り扱いについて。

1.家畜である男性のプロフィールを書き込むのは女性。
2.その家畜のプロフィールを閲覧するのも女性。
3.男性の承認が無いと書き込めないとのことだが、承認の確認があまりに稚拙。
4.男性はそもそも会員になれないので、書き込まれた内容の確認をすることができない。
5.ミルクという仮想通貨で、男性のプロフィールを売買。

…自分の確認出来ないところに、「プロフィールを書き込んで良いよ」という奇特な人がどれほど居るのだろうか?しかもこのサービスは「婚活女性」をターゲットとしている。結婚を前提に考えているのなら、それなりに詳細な情報が必要なのではないか?顔写真とハンドルネームのみってわけにはいかないだろう?
実際に登録される人間は極々少数派であるかとは思うが、「訳の分からないところで自分の情報が流されているかもしれない」と懸念するのはあたりまえの感情だと思う。
また、実際に登録したわけではないので、真偽の程は分からないが、男性の承認確認についても、「承認されていますか?」の設問に「ハイ」「イイエ」で答えるだけの簡易的な物だったらしい。そんないくらでも偽装可能なシステムで、「男性の同意が無い物は登録できません」と言い切れる根拠がどこにも見当たらない。仮にもIT企業として看板を掲げている会社が、それで通じると思っているところに、憤りを通り越して呆れるしかない。
そんな性善説のみで通用する程、ネットの中は平和ではない。


次に、差別について。
アイコンを動物にした点については、はっきり言ってどうでも良い。
動物だろうが、なにかしらのキャラクターだろうが、あくまでも画面で表示するための「ただのアイコン」だ。
ただ、今回のサービスはコンセプトを「牧場」にしてしまった。
そのため、男性=家畜/女性=家畜を飼っている牧場主という図式が出来上がってしまった。
しかも、上記に書いた様に、「ミルク」という仮想通貨で、男性に断りを入れずに「個人情報の入ったアイコン」を勝手に売買できてしまう。
これは明らかに差別と言うことができるだろう。「バーチャルな人身売買」と言い換えても然程意味合いは変わらないと思う。
女性の立ち位置が「牧場主」ではなく、男性と同等の動物だったら、ここまでの批判は受けなかったかもしれない。


最後にサイバーエージェントの対応について。
今回の騒動で、公式広報ブログが炎上した。
数えきれない程の批判コメントが届いたのだろう。途中でコメントの受付を断ってしまった。説明も無く。
プレスリリースまで出して、大々的に公表したサービスに対する「意見」の受付を突然中止する。それは広報としての仕事を放棄していることにならないか?
「アクセスが殺到してサーバがパンクしそう」だとか、「コメントの許容量を超えた」とか、「社内で対応を協議中のため、一時的にコメントの受付を中止します」とか、ココはウソでも言い訳でもいいから一言説明を入れるべきではなかったのだろうか?いくらでも言い分はあるだろうに。
で、コメントの受付を中止してしばらく黙っていれば良い物を、全然関係ない記事を載せるもんだから、火に油を注ぐ結果となる…。
ホントにココの会社は、ブログサービスを提供している会社なのだろうか?普通どんな結果になるかある程度予測出来ると思うんだが…。

社長のブログもちょっとオカシイ。
これだけ批判を受けているサービスを提供している会社の社長だ。批判コメントがあって当たり前なのに、一切批判コメントが表示されない。記事内でも、一切触れない。
ありえないとは思うが、例え、社長の知らないところでプロジェクトが進められていて、勝手にGOサインを出し、勝手にプレスリリースを出し、勝手にサービスインしたとしても、批判に対する社長のコメントが一言も無いってのは、会社の長としてどうなのさ?「オレは知らん」って言って、うやむやになるくらいなら、社長いらないよね。


とまぁ、つらつらと書いてみたけど、やっぱり「男の子牧場」、ナシだなぁ。
正直言って、自分も「墨70%」位のグレーな仕事をやったことはある。ただ、グレーであることを理解して、こっそりと。
それは、決して褒められるようなことではないが、こんなに自信満々にリリースを出せる「サイバーエージェント」という会社自体が、相当ヤバイ会社だってのが改めて理解出来た。

今回の騒動、マスコミが囃し立てた「婚活」も要因の一つだったのだと思う。正直「婚活」という言葉が嫌いだ。
「結婚をするための活動」… それって、普通の恋愛でも同じ。わざわざ新語を作ってブームを興そうという魂胆が気に入らない。
基本結婚は一生に一回だ。それをブームに乗っかって割り切れる人は、果たして幸せな結婚生活を送れるのだろうか?

過去「女性が差別されていた」という事実については曲げようが無い。
そして、現在も女性が社会的に弱者である場合が多いことも決してウソではない。
だが、「男女平等」を謳う識者の提案は、多くの場面で「女性優位」を唱えている。女性の立場だけを強くすることが「男女平等」につながるとは到底思えない。また、男性を必要以上に軽視することも「男女不平等」により拍車をかけている。

今回の騒動は、「必要以上に女性優位の意識を持った」人物(もしくは組織)が、「必要以上に男性を軽視」し、「婚活というブーム」に強引に乗っかろうとした結果生まれた産物だと思う。
考え方は人それぞれなので、企画提案はいくらでも行えば良い。
だが、その企画が世間ではどのように映るか?、システム的・法的には問題は無いのか?、危険性を指摘できなかったサイバーエージェントの責任は、相当重いと思う。
[PR]
by piece-case | 2009-05-20 03:42 | 不定期日記
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30