不定期日記
by piece-case
プロフィールを見る
画像一覧
マタンゴは甘い息をはいた
c0042029_830327.jpg昨日も終電。
珍しく空いていたので、端っこの席に着席する。
次の駅、ちょっとかわいらしい女子が隣に座った。
iPhoneで Carcassonne をしていると、だんだんもたれかかってくる。寝てしまったらしい。
コレがオッサンとかだったら、瞬時に払いのけるんだけど、うら若き乙女に寄りかかられて悪い気はしない。そのままにしておいた。

そのうちに起きるだろうと思ってたんだが、1駅2駅と通り過ぎても一行に目覚める気配が無い。
どんどん深くなる寝息。委ねられる100パーの体重。そして漂う甘い香り。………この匂いは知ってる。ウチのムスメが熟睡してる時に発し、我が家では「モアモア」と呼ばれている、隣の人の睡魔を否応なく引き寄せる香り………このマタンゴ、ガチ寝だ!!

さて、話は変わるんだが、オレはどうも他人から覚えられやすいらしい。
こっちは全然覚えていないのに、挨拶とかされて困る事もしばしば。

で、隣のマタンゴ。やはり起きそうにない。
咳払いをしても、もたれかかられてる肩を揺すっても起きやしない。レールの段差で電車が揺れてもなんのその。
寝入ってからすでに5駅通過。次は下車駅。すみやかに起きていただかねば。
仕方が無い、体をひねって彼女の頭をどかす。どうにか目覚めたようだ。

目覚めた彼女は特に何も言わず、ヨダレチェックをした後ボーッとしていた。
普通電車で寝てしまった時は、乗り過ごしてしまったんじゃないか?とか心配するだろうけど、そんなそぶりも見せない。
で、下車駅に着いたので降りたんだけど、マタンゴも一緒に降りる。

…ひょっとして、この娘オレの事知ってる?
なんか目覚まし時計代わりに使われたような気がしてならない。
[PR]
by piece-case | 2010-08-25 08:33 | 不定期日記
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31