不定期日記
by piece-case
プロフィールを見る
画像一覧
ムラサキリバース
c0042029_0301031.jpg実家から、とてもじゃないが食べきれないほどのホウレンソウと水菜、そしてなぜか乾燥イモが届いたので、近所に住む親戚にお裾分けすることにした。
オレ一人で行っても良かったのだが、親戚のウチには同居している息子夫婦に子供がいない為、子供たちを連れて行くと喜ぶので、一家総出で訪れることに。
ただ、一つ問題が…、それは子供たちが(特にムスメが)興奮して、したい放題すること。親戚のウチは大工で、さらに小さい子供がいない為、微妙に危険な物がそこかしこにある。それらに興味を示し、勝手に触る等始末に負えないので、行く前に何かモノを食わして大人しくさせようと考えたのだが、今日はそれが思いっきり裏目に出てしまった。
ムスメの保育園の同じクラスの女の子のウチが八百屋で、そこの焼き芋が大きくてうまいので、オレがひとっ走りして購入。今日は普通のイモは売り切れになってしまったようで「ムラサキ芋のみしか無いよ」って言われたのだが、ムラサキ芋の焼き芋なんて食ったこと無いので、「全然OK!」と500gはゆうに超えるムラサキ焼き芋をGET!
180円也。安すぎ。
ウチに帰って芋を見せると一番喜んだのはヨメだったが、ムスメ・ムスコもバクバクガッつく。子供二人で半分完食。オレも結構腹に溜まったので、これで少しは大人しくしてるだろうと思ったのだが、大アマだったようだ。

食ってからしばらくして親戚のウチへ行く。
親戚のウチに着くと今日は給料日だったらしく、次から次へと料理が出てくる。それも全て三人分。オレ・ヨメ・ムスメの料理の量が同じだ。さらにウチではあまり飲ませてもらえないジュースが3本も目の前においてある。

   ムスメ大興奮!

出される料理を次から次へと食う。そしてジュースを飲む。オレンジジュースはあっという間に空っぽだ。マグロの刺身を一気食い。「ゆっくり食べなさい」なんて声は一切聞こえていないようだ。
ひとしきり食ったところで、ムスメの様子が変だ。「オエッ」っとえずいてる。
それでも構わず食う。そしてグレープジュースを一口飲んだ瞬間…。

   ムラサキ色の大逆流!

スマン、パパが悪かった。オマエは食って行こうが食わずに行こうが、目の前の物は食べたいんだね。今度からはハラすかして行こうな。

…でも、おばさん、もう鍋焼きうどんを出されても食べられないです。分かるでしょ?
[PR]
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30